読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココッチィ

おもしろきこともなき世をおもしろく

君の名は。奥深いレビューまとめ、ふたたび。

君の名は

今更ですけどね。「君の名は。」レビューですよ。まだ近所の映画館でもやってますからね。皆さん、観られました?大評判でしたしね、動員数がすごいんじゃ。歴代日本映画観客動員数1位ですって。ハウルを超えたんですと。

広告

 

※この記事は前のブログを参考に懲りもせず再投稿しています。

 

 

いやはや約束の時間に遅れちゃって、バタバタとチャリンコを全力で立ちこぎして、映画館に飛び込みました。なんとかギリ間に合って、上映3分前。やばいよ、やばいよ、始まっちゃうよ!見事な流星から始まりました。ゼンゼンゼンってね。

 

 

実はね、岐阜にはちょっと縁がありまして、岐阜なまりがいい響き。「せやな~」ってね。優しいでしょ。

 

 

あら!なんかよ~わからんけども、早速入れ替わっとるで、おい。心がオトコで身体がオンナ。一方、心がオンナで身体がオトコ。お互いの私生活をよくわからないままで過ごすという。大胆です。とんでもなく大胆です。まあ、入れ替わり先が出川さんじゃなくて幸いですね。ヤバいよ、ヤバいよ。

 

 

それにしてもね、ちょっと待てと。

 

 

アナタが明日の朝、目覚めたら、見ず知らずのオトコと入れ替わっていたとしよう。それって、どうよ?

 

 

え?なにこれ?マジック?とか思いながらね、鏡を見ると、まあなかなかのイケメン高校生だとする。そして、尿意がくるわけです。目覚めたばかりの朝ですから。おのずとトイレに行くよね。行くんだけども、今まで、つか昨日まで女だったのよね。

 

 

どーせーちゅうねん!このバナナ!

 

 

映画でも、困ってる様子がちょっとあった。頬を赤くしてさ。なんせ、それを持って用をたしたことないからさ。どう持って、どの方向に?そっと優しく持つの?それともハードにがっちり?手のひらで包んじゃうの?それとも人差し指と親指で摘まむ感じ?

 

 

そうこう迷っている間にマトを外すよね。かなりの確率で。ああ、ああ、ああ!やっちまった、とんじゃった。二股になったりもするらしい。11時の方向と1時の2方向に分かれて放射です。よそ様のトイレをさっそく汚すっていう。はい、掃除、掃除!

 

 

でね、いや~参った、参ったと壁にかけてある制服を着て、机の椅子のとこにあるのカバンを持って玄関を出る。

 

 

とりあえず制服を着て、カバンを持ってみたけどさ、昨日まで別の場所に住んでた女ですから。この身体の持ち主の情報は何もないじゃないのよ。オレって誰?部屋の中を物色して、自分の名前と高校の名前とクラスがわかったとしよう。さあ、学校へ行こう!

 

 

怖すぎる。みんな、初めましての人だらけ。つか、自分も今この身体に初めまして。無理無理。だから、トイレを掃除を済ませたら、私なら絶対ふて寝する。学校なんてゼッテー行かない。いったところで、アウェーだよ。どの男子が友達なのかも、わかんね~。

 

で、映画では、なんなく学校に行ったわけですけども、あれだけ挙動不審なのに「今日のお前、なんか変じゃね?」くらいのリアクションなのね。いやいやいや、変で済ませるレベルかって。昨日まで「オレ」って言ってたのに「あたし」とか言いかけたり、俺のバイト先、どこだっけ?とか言うんだもん。とかなんとか考えてたら

 

 

「3年前にあの村に隕石が落ちた!」って場面になってた。

 

広告

 

 

 

トイレのばっか、考えてたからか、それとも上映前に行く時間がなかったからか、急にトイレに行きたくなってね。そう、尿意。映画館の私の席はど真ん中。右も左もカップル。「すみませ~ん」つって前を通ってトイレなんて行けない。手を繋ぎ、いちゃついて鑑賞してるカップルの邪魔はできない。

 

 

もう、そっから下半身に力を注いだね。ぐっと。しっかりと!話はどんどん進んでいくのだけども、ここで漏れたら最悪だよ。話が頭に入らない。話に感情移入ができない。話の展開が読めない。ごめんね、瀧君。話がゼンゼンゼンなのよ。

 

 

おかげで、映画の内容が冷静な客観的思考。感動の場面なのに、会話が耳に入らない。勝手に消音。なにこの瀧君のオンナ歩き!オネエに見えるだけど。ああ、そういえばカバちゃん、手術したって!とか、IKKOさん、最近、着物が多いけど、ちょっと太った?とか、脳内オネエタイム。

 

 

スクリーンでは瀧君がオネエっぽく座り込んだ、可愛い内股で。そしたら脳内で登場したのは徳光さんの親戚のオネエで、なんて名前だっけ?ゼンゼンゼン思い出せないのよ、君の名が。グローブ?ミツなんとか・・・だっけ?

 

話はどんどん進んでいって、瀧君と三葉の記憶がなくなってお互いを忘れてしまわないようにと、手の平にお互いの名前を書いておこうって、おもむろに瀧君がマジックをだすわけ。その後、やっぱり記憶がなくなってしまうんだけども、三葉が転んだときに手のひらをみたら「すきだ」って書かれてた。

 

 

おいおいおい、名前を書こうって言ったよね。ヤマトさんがアマゾンの商品もってきてくれた時にさ、ここにお名前お願いしますっていうでしょ?そこにね「配達、ご苦労様」とか書いちゃうノリだよ。名前、書こうよ。名前!でもね。三葉の手のひらに書かれた予期せぬ「すきだ」の文字で感動した人は大勢いると思う。ロマンチックだよ。ハートがどっきゅんだよ。

 

 

「名前じゃねーし」と小さく呟いたのは私ひとりだったもの。

 

 

いやいや、そんなことより、トイレだよ。限界近いよ。マズイよ、ヤバイよ。我慢だよ。ますます下半身に力を注ぐ。ここ1番の感動のシーンで私ひとり、我慢限界の鬼の形相。節分なら豆まかれて退場だよ。

 

 

しかしエンドロールなげぇ。早送りしてくれ。やっと館内が明るくなってゼンゼン全速力で館内のゼンゼン全員を追い越して目的地へ。

 

 

なんだかんだ言ってますけどね、色がとても綺麗なアニメでした。幻想的でした。あまり深く考えずに観るとハッピーエンドで幸せな映画です。まず、映画の前にはトイレにいこう。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。