読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココッチィ

おもしろきこともなき世をおもしろく

なぜ彼は執拗に無言電話をしてくるのか?真相に迫る!

無言電話

無言電話の経験はありますか?そう、私、ずっと悩まされていました。散々やられました。無言電話なんです。何も言わないんです。気味悪いのです。

広告

 

何年か前のこと。ある男から無言電話がかかってくるようになりました。

 

この男の事は、よく存じておりましたので「はいはい、どした?」てな軽いノリで、電話にでるんですけども。カサカサ言ってるだけなんです。何も応答がないんです。こんな時は皆さんもきっと「もしもーーし」と言うでしょう?「もーーしもし」でもなければ「もしーーもし」でもなく。

 

何度かそう言って様子を伺ったのですが、やはり返答がない。

 

そもそも無言電話ってのは、相手が誰だかわかんなくて、どうしちゃったのか妙に荒っぽい息づかいが聞こえたりして、え?あなた、何やってんですか?ま・・・まさか!ってやつですよね。

 

こっちはね、発信者が完全にわかってるやつなんです。

 

 

あのね、こっちは今、仕事中なのよ。黙ってんじゃねーよ、とイラっとしますよね。とは言え、iPhoneだったら、あるあるな話。いつの間にか通話ボタン押しちゃってた!ごめんごめん、なんてのはね。もちろん、私もありますよ。それも、真夜中にね。

 

でね、間違って通話ボタン押しちゃった事件がね、たて続けに3回もあったら、ホトケの顔も3度まで。温厚な私でも我慢に限界があるっちゅうもんで。

 

 

オマエに持たせるiPhoneはねぇ!ってな。

 

 

1回目はね、お昼休みに着信があって「もしもーし」って言うと、どっかで聞いた短い音楽が小さく聞こえる。えっと、これは・・・?と考えていたら、

 

 

「71番、ください」

 

 

そうだ!この音楽はファミマだよ、ファミマ!通話状態になってんのに、タバコ買ってんじゃねーよ。

 

 

「520円のおつりです」女性店員の声。

 

 

盗聴したくもないのに勝手に盗聴させられるっていう。こりゃ、呼んでみるしかないな。デカイ声で叫んだら聞こえるかもしれない。私は漂流者、大海原に投げ出され、今、遠くに貨物船を見つけたわ。見つけて!私はここ!ここにいるわ!

 

 

「おーーい!!」

名演技か!こんだけ大声だせば、きっと気が付くはず。

 

 

シュポッ!

全然、聞こえてなーーい。さっき買ったタバコ吸ってるし。鈍感か!

 

 

ふぅ!

そんなに、うまいのか?堪能しちゃってるよ。

 

 

「おーーーい!電話が繋がってるよぉぉぉぉ!」

 

スタスタスタ。

 

やっぱり聞こえてない。歩き出してる。

 

そんなこんなで5分、私の声は届かず、もう、お昼休みが終わっちゃうから、昼ご飯食べてないから、もう、電話を切った。

 

 

そう、これね、相方スケさんの仕業。帰宅して、この話をしたら、え?そうだったの?マジで?うわ、ごめんごめん。と謝ってきたわけですけども、まあ、その後もかかるわ、かかるわ。

 

こんなLINEのご時世に仕事中に電話してくるなんて、どんだけ緊急だよって思って電話にでるじゃん。まあ、例の無言電話かもって思っても、いやいや、まさかの緊急?って思うじゃん。万が一ってことも、無くはないから。

 

 

そして、またしても着信が。そして、またしても無言。向こうに相手は不在。なんなの、このオートマック発信。最新のiPhone限定モデル?

 

 

持ち主の意思とは無関係に何度も無言電話をするやつ。無言電話地獄からの使者。黒くて怖い影。無言電話ウイルス?

f:id:rico_note:20170327212047j:plain

 

 

もう、これはね、徹底検証の必要がある。帰宅早々にね、部屋着に着替えるスキも与えずに言ったよね。

 

 

 

f:id:rico_note:20170321163752j:plain

「ちょっとココ座んなさい!いい?ちょっと私に電話してみて!」

 

 

そう言われたスケさんは、私に電話をかける。私の電話が鳴る。ここまでは問題なし。そして、私が電話にでる。とりあえず話す。私が電話を切る。ここまでも問題ない。

 

 

スケさん、そのまま胸ポケットにiPhoneを入れる。

 

 

ちょっとトイレに・・・と立ち上がる、トイレまで歩いた瞬間!私の電話が鳴った!驚いたのは、スケさん!

 

 

 

スマホ

なに?なに?なに?僕、何もしてないよ!!!

 

慌ててシャツの胸ポケットからiPhoneを取り出してみると、ちゃんと私に発信してる!

 

 

 

 

f:id:rico_note:20170407113718j:plain

「君の胸ポケットには、誰か住んでるのかな?」こんな時はなぜか笑顔になる。

 

アントマンかよ!

 

 

 

スケさんの胸ポケットに手を突っ込んで、わさわさと確かめる。誰かいますか~?いつも発信ボタンを押してるのは誰ですか~?さっさと出てこんかいっ!ガサガサわさわさガサガサわさわさ。ぐりぐりぐりぐり。

広告

 

 

 

あれ?今、確かに触れた・・・何かに触れた・・・ん?

f:id:rico_note:20170407120015p:plain

乳首やないかいっ!

 

 

アホなオチで、えらいすんません。スケさんね、電話が終わったら電源を切らずに胸ポケットにいれてたんですよ。今はアップデートして変わったのかもしれませんけどね、その時は相手が切って電話が終了しても電源を切らないと通話の画面のままだったんですよ。

 

で、振動で乳首に発信ボタンがあたるという、見事な連携プレー。いや、これマジなんだって!

 

スケさんって、めっちゃ几帳面なところと、とんでもなく大雑把なところがありまして。ドアの開けっ放し、電気のつけっぱなし、とかね。スマホの使い方もそうなんです。使ったら電源を落とすでしょう?2分後に勝手に消えるようにしててもさ、カチッと落としちゃうよね?スケさんは後で消えるからって放置なんです。

 

皆さんも、胸ポケットにスマホをいれる時は十分注意してください。って、今はもうそんなことにはならないのかな?

 

最後まで、お付き合いくださりありがとうございました。