ココッチィ

心地いい部屋でここちいい音楽を | プログレ狂のオーディオ野郎とインテリア好きな平凡な私のブログ

これが営業マンのやることか!次に繋げる気持ちがほしい!

このブログのURLをコピーする

広告

f:id:rico_note:20170604173606j:plain

買った商品が故障したんです。購入先に電話したら来てくれました。そして「しばらくコレを使ってください」と言われましてね。

こんにちは!山倉梨子です。実はですね、相方スケさんはレコードを聴くのが趣味なんです。まあ、そのお陰でオーディオの近くを歩くときは、抜き足差し足なんです。忘れて小走りしようものなら、スケさんのオデコに

 

 

f:id:rico_note:20170412004206j:plain

 

 

昨日の夜も、私が必死でパソコンに向かってブログ記事を書いているっちゅうのに、呑気にレコードを聴いていたんです。いや、一緒にブログ記事を考えてって思ってるわけでもないし、隣でチアガールばりに足を高くあげて、応援してって言ってるんじゃないんだけどね。GOGO!レッツゴー!

 

 

 

 

それから、しばらくして・・・

 

 

f:id:rico_note:20170412005126j:plain

「ああああああ!」

 

 

 

「なに?どうしたの?大きな声だして」

 

 

 

f:id:rico_note:20170412005126j:plain

「〇×▽◇×が壊れてるぅぅぅ!!!」

 

 

 

なんて言ったか聞きとれなかったんですけどね、適当に「明日、電話して、来てもらったら?」つっても、返答なし。曲の途中で故障に気が付いて落胆している様子。

 

広告

 

 

 

相方スケさんのオーディオはこんな感じ。

f:id:rico_note:20170412011717j:plain

各、機材に名前があるんでしょうけどね、例えばアンプとか。よくわかんないんですけど、どっか調子悪いらしい。海外から買ったレコードを、たぶん、その時はクラッシックかな?優雅に聴いている途中のこと。

 

 

真空管がどうのこうのって言ってました。

 

 

あ、このスピーカーさ。私が呼んでる名前があるんだけどね。なんだと思う?

 

 

「ちょんまげ」

 

 

今回の故障はちょんまげじゃないみたいです。

 

 

それで、来てもらったんです。その時「しばらくコレを使っててもらっていいですか?」と交換というか、代品を置いていかれたようです。故障ってテンション下がりますよね。ついでに言うと、最近、清水の舞台から、なんちゃらの気持ちで思い切って購入した物でして。すぐ、故障したってことよ。

 

 

泣きたくなるよね。頬を濡らすくらいじゃすまないよ。

 

 

その営業マンが持ってきた「しばらくコレ」ってのが、故障したソレより、クオリティの低いものだったんです。そこで私は思ったよね。

 

 

営業マンのやることか!と。

 

 

私が営業マンならね、ここはソレより良い物を持ってくな。お詫びの気持ちも込めるけども、故障したソレより「しばらくコレ」のほうがクオリティがいいってことは、

 

 

あ、これいい~!

 

 

次はもう少し頑張って、コレ買いたいな。ハートマーク!ってなると思うんだけど。

 

 

故障というテンションの下がった心を、ほんの束の間でもいい、ハイレベルになることでハイクオリティな音が聴けて、ハイハイハイ!ハイタッチな気分!

 

 

修理が長くなる?いいのいいの、ゆっくりやってちょ。てな。

 

 

でも、この営業マンは「しばらくコレで我慢しててください」のつもりで、代品をもってきたわけで、決して「しばらくコレで楽しんでてください」ではない。

 

 

考えてみて!アナタが最近買った、お気に入りの自転車が故障したとしよう。自転車屋さんに持っていったら、修理に時間がかかります、と。当然、がっかりするよね。その間、これに乗ってていいよ、と今の自転車の新型を貸してくれたとする。がっかりしたけど、ま、いっか。になるわけです。

 

これがさ、修理の間に貸してくれる自転車が、ないわ~それ、ないわ~好きになれないわ~てな自転車だったら、ますますがっかり。

 

この気持ち、わかってもらえます?だから、もう一度、言わせて!

 

 

 

 

これが営業マンのやることか。

 さむらい

 

以上、故障中のオーディオ前からお伝えしました!

 

いつも読んでくださって、ありがとうございます!

広告