ココッチィ

心地いい部屋でここちいい音楽を | プログレ狂のオーディオ野郎とインテリア好きな平凡な私のブログ

【発達障害】アスペルガー症候群の彼が仕事を長く続けられた理由

このブログのURLをコピーする

広告

f:id:rico_note:20170612214407j:plain

NHKスペシャルで発達障害の番組をやってましたね。発達障害の人の仕事について、放送されていましたね。

どうして私が発達障害の番組を観たのかというと。

相方が当事者だからです。

彼は大人になって高機能自閉症スペクトラムと診断されました。

www1.nhk.or.jp

 

「発達障害」を診断する方法を知っていますか?

WAIS-Ⅲという知能テストを受けるのです。ウェクスラー成人知能検査 - Wikipedia

このテスト、1日で済むようなモノではありません。確か相方は3日くらいかかっていたような気がします。

 

そして診断結果は見事にアスペルガー症候群。凸凹でした。一方が160で、もう一方は80という。天才か! 

でも、そんな相方はオッサンになるまで発達障害と診断されることはなかったわけです。

もちろん生きづらい事が沢山あったようです。

こちらにも書いています。

www.cheer-up.info

 

相方は中学生の時に「自律神経失調症」という診断を受けたことがあるそうです。

強烈な背中の痛みで、床を転がって苦しみ、親が病院に連れていった時にそう言われたとか。

その時の状況は両親から代わる代わる、成績について延々と叱られ、だんだん背中が痛くなっていったそうです。

私が母親なら、子供の痛みの原因を取り除いてあげたくて、告げられた診断に対して、色々と調べたりすると思うのですが 

「しっかりしなさい」つまり気が緩んでいると、母親に強く言われたのだそうです。

 

そもそもの原因は、ここまで追い込んだ両親なのだと私は思うのですが、当の両親は本人が悪いと。

これは二次障害だと思います。

両親は普通の子とちょっと違う彼を理解できず、いつもいつもガミガミいっていたのでしょう。

NHKの発達障害の番組でも言っていましたが、約70パーセントの人がうつ病という、二次障害に苦しんでいるそうです。

子供の頃の発達障害は両親でなければ、気づいてあげられません。

周りがちょっと違うかも、と思ってもそんなこと言えないですからね。

無責任な発言になりかねません。

広告

 

HNKの発達障害の番組で、当事者の女性がこれまでの退職理由について、話をされていました。

コミュニケーションの問題や仕事の効率の問題でした。

長く仕事が続かないのだそうです。

発達障害の人は、ひとつの仕事に集中できる環境が必要だと思います。

発達障害でもずっと同じ職場で働けた理由

何故、相方は長年ずっと同じ職場で働くことができたのか。

 

もともと相方が希望していた職種はレコーディングエンジニア。

音響系の大学を希望したのですが、両親から却下され、両親がいう通りのレールに乗りました。

希望していた大学を失った彼は、 どこに入りたいという希望もなく、最初に内定をもらったところに就職。

建設業でした。その仕事内容は、まるで個人事業。

営業から現場監督まで、分業せずに全て自分でこなすのです。

設計担当者に頼むこともなければ、現場監督に頼むこともない。

全て自分でこなします。

そこが、長く続いた理由ではないかと思うのです。

その仕事は数字が全てでした。

凝り性で数字が得意な相方には、ここも合っていたのだと思います。

掘り下げる、追及する、数字を追いかける。

会社にとっては、アスペルガーの特質なんて、どうでもいい。

結果を出してくれたら、それでいいのです。

 

そして結果的に好成績を収め、周りにチヤホヤされたようです。

ちょっと変でも、それが味になったりするんですよね。

彼、ちょっと変だけど、悪い人じゃないよね。みたいに。

結局、営業は成績が良ければそれでいいんです。

それで、神なんです。

 

そして社長に認められ、社員から一目置かれる存在になりました。

彼の案なら社長もどんどんやらせてくれたそうです。

持前の集中力と数字が得意という事がマッチした職業だったのですね。

 

本人はアスペルガーの特性のために、どこか生きづらさを感じながらも、何年も何年も働きづつけることができたんです。

彼が別の理由でうつ病になるまで、それは続いたのです。 

発達障害という才能

私はよく思うのです。

発達障害という才能を生かして、働ける場所がもっともっと増えてほしいと。

NHKの発達障害の番組では、障がい者枠で入社した男性が出ていましたね。

この方は周りの理解のもとで、得意な事を活かして、いきいきと仕事をしていました。それを観て、私まで嬉しくなりました。

 

大企業は自社ピーアールのために障がい者枠を用意して採用している場合もあるようです。

こんな取り組みもやってます!的な。

でも、表向きばかりで、あの会社のように積極的に障がい者の方を採用して、何度もトライ&エラーを繰り返し、本人が気持ちよく仕事ができるように配慮してくれるところは、まだまだ少ないのが現状のようです。

 

発達障害という才能を求める会社がどんどん増えてほしい。

得意な事、不得意な事に愛をもって理解して、周囲の人と軌道修正しながら、任せてくれたら、本当にいい仕事するんです。

そんじょ、そこらの社員には負けません。

 

だから、会社の社長の皆さん!もっと知ってください。発達障害のこと!

そして、発達障害の方々、得意を伸ばして突きぬけていきましょう。

 

障がいを持つ人のための職業訓練、職場探し、職場への定着支援など、総合的な就職・転職サポートしてくれるサイトがあります。

会員登録は無料ですよ。

お付き合いくださり、ありがとうございました。

広告