ココッチィ

おもしろきこともなき世をおもしろく

70年代フレンチプログレならこれを聴け!個人的なお気に入りアルバム10選

このブログのURLをコピーする

f:id:rico_note:20170612214309j:plain

ひとくちにプログレと言っても、色々あるんですね。今回はフランスのプログレ。相方からのおススメです。とても偏っていると言ってましたけど、私にはサッパリです。

 

広告

 

フレンチプログレは、ドイツやイタリアほどの癖はない。とても聴きやすい美しく繊細な音。 しかし、どこか洗練されてない。でも、それが魅力的。

 

一番プログレを熱心に聴いていた頃の唯一の情報源は、「ロック・マガジン」と言うドイツのロックに非常に偏った雑誌で、 シンフォ系や叙情的な美しいプログレについては、あまり取り上げていなかったし、どちらかというと否定的な取り扱いをしていたように思う。

 

なので、フレンチ・プログレを聴き始めたのは80年代になってから。(Heldon,Angeを除く) 大御所の「MAGMA」「Pulser」などが入っていないとツッコミを頂きそうだが、あくまで個人的な私の好みで紹介する。

 

 

1)ANGE - アルバム「エミール・ジャコティのおとぎ話」1974年 

エミール・ジャコティのおとぎ話

ANGE - La Nain de Stanislas - YouTube

フランス語のイントネーションの特徴をうまくメロディーに乗せた印象的な曲。この個性的なヴォーカルはとても中毒性が高い。 ジェネシスの様な演劇的なステージ演出をしていたようだ。

エミール・ジャコティのお伽話(紙ジャケット仕様)

エミール・ジャコティのお伽話(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

 

 

 2)Tai Phong - アルバム「タイフォン」1975年

タイフォン

Tai Phong - Sister Jane - YouTube

この曲「シスター・ジェーン」は、センチメンタルなメロディーとコーラスに、なかなか馴染めなかったが、今聴くと意外といい。 映像で見ると当時はアイドル的な扱いだったのか。

Taï Phong「Taï Phong」を iTunesで試聴しよう!

 

恐るべき静寂 <7インチ・サイズ紙ジャケット&リマスター>

恐るべき静寂 <7インチ・サイズ紙ジャケット&リマスター>

 

 

 

 

 

3)Sandrose - アルバム「サンドローズ」1972年

サンドローズ

Sandrose - To Take Him Away [Sandrose] 1972 - YouTube

フレンチプログレっぽくない、英国の70年代初期のジャズロックバンドの様なサウンド。 アルバム全曲全て好みだが代表曲の「To Take Him Away」を紹介。 くすんだ音色のオルガンとギターがいい味を出している。 カナダのRUSHやアメリカのPavlov’s Dogなどのヴォーカル好きな人にはオススメ。 

 

iTunesで試聴しよう!

サンドローズ

サンドローズ

 

 

 

 

 

4)Asia Minor -「ビトウィーン・フレッシュ・アンド・ディヴァイン」1980年

ビトウィーン・フレッシュ・アンド・ディヴァイン

Asia Minor - Between Flesh & Divine [1980] - YouTube

フルートをフューチャーした英国のCamel の様な美しいメロディーが特徴。洗練されてるとは言えないが、そこが魅力。 

iTunesで試聴しよう!

 

ビトウィーン・フレッシュ・アンド・ディヴァイン

ビトウィーン・フレッシュ・アンド・ディヴァイン

 

 

 

 

 

 

5)Potemkine - 「Foetus」1976年

Foetus

Potemkine - Foetus (Full Album) - YouTube

B級感が漂っているが、良い意味でフランスのジャズロックバンドらしい地味なジャズロック。 Gilgamesh やHatfield and the Northが好きなら気に入ると思う。

 

 

 

 

 6)Heldon - 「Heldon II Allez Teia」1974年

Heldon II Allez Teia

Heldon - In Wake Of King Fripp - YouTube

フレンチ・プログレを代表するエレクトロニカ・プログレバンドのセカンドアルバム 。「In Wake Of King Fripp」というキング・クリムゾンをもじった曲名で、当時目をひいた。 ギターのアルペジオにメロトロンが美しく浮遊する。

iTunesで試聴しよう! 

アレー・テイヤ(紙ジャケット仕様)(ALLEZ-TEIA)(PAPER SLEEVE)

アレー・テイヤ(紙ジャケット仕様)(ALLEZ-TEIA)(PAPER SLEEVE)

 

 

 

 

7)  Heldon - 「It’s Always Rock And Roll」1975年

It’s Always Rock And Roll

Heldon - Mechammment Rock - YouTube

Heldon 3枚目のアルバムから、「Mechammment Rock」音はキング・クリムソン「暗黒の世界」のインプロ曲のよう。 

  iTunesで試聴しよう!  

サード(イッツ・オールウェイ

サード(イッツ・オールウェイ

 

 

 

 

 

 

8)  Heldon -「Une Drôle de Journée」1978年

Une Drôle de Journée

Heldon - Une Drôle de Journée - YouTube

ドイツのクラウス・シュルツを意識した様な、シーケンサーに生ドラムを疾走感あるサウンド。 ヴィンテージ・アナログシンセ(アープ?)が心地良い。「サカナクション」好きに聴いてほしい。

 iTunesで試聴しよう!

Stand By by HELDON

Stand By by HELDON

 

 

 

 

 9)  Atoll - 「サード」1977年

サード

European Rock Collection Part3 / Atoll-Tertio(Full Album) - YouTube

アトールのアルバムの中ではプログレ色は薄めのアルバム。セカンドの「組曲「夢魔」」が好きな人も多いはず。 個人的にはポップでリラックスして聞けるこのアルバムをおススメしたい。 

サード・アルバム (紙ジャケット仕様)

サード・アルバム (紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

 

10)  CLEARLIGHT -「Clearlight Symphony」 1975年

Clearlight Symphony

CLEARLIGHT -- Clearlight Symphony 1975 (Japan Edition 2008 ) - YouTube

スペースサイケ版チューブラ・ベルズ的シンフォニックサウンド。洗練されたサウンドでとても心地良く聴ける。 ゴングのSteve Hillage のギターがいい。

  iTunesで試聴しよう! 

クリアライト・シンフォニー(紙ジャケット仕様)

クリアライト・シンフォニー(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

以上、相方スケさんのお気に入りフレンチブログレでした。

お付き合いくださりありがとうございました。