ココッチィ

おもしろきこともなき世をおもしろく

70年代80年代!日本のプログレバンドお気に入り名盤20選

このブログのURLをコピーする

f:id:rico_note:20170612214435j:plain

プログレ選曲シリーズ。今日は70年代から90年代初めのプログレバンドをご紹介するそうです。毎回毎回、よくもこんなに記事が書けるもんですよね。

広告

 

四人囃子のファーストアルバム「一触即発」に衝撃を受け、熱心に日本のプログレバンドを聴いていた時期があった。 まだまだ、他にも紹介したいバンドがたくさんあり、これがベストというわけではないが、思いつくままに20アルバムを選んでみた。

 

 

1)Far East Family Band/ 多元宇宙の旅 (1976)

多元宇宙の旅

Far East Family Band - Parallel World - Full Album - YouTube

iTunesで試聴しよう!

クラウス・シュルツにハマっていた頃があり、彼がプロデュースして、英国ヴァージンレコードのマナー・スタジオでの録音という触れ込みに食いつき購入した。初期ピンク・フロイドを彷彿とさせるサウンドをベースに、シュルツの「ムーン・ドーン」「ミラージュ」時期のアナログシンセによる心地良いシーケンスサウンドと日本語によるフォーキーで素朴なメロディーが交錯する。このバンドのキーボードプレイヤーは、のちに喜多郎としてヒーリング・ミュージック界で成功をおさめた。 

 

 

 

2)  四人囃子 / 一触即発 (1974)

 一触即発

Yonin Bayashi - Ishoku-Sokuhatsu (1974) Full Album 四人囃子 – 一触即発 - YouTube

日本語による不思議とシュールに感じる歌詞がプログレ然としたサウンドが融合した日本のロック史に残る大名盤。 公害問題を歌ったタイトル曲「一触即発」の歌詞は、現代の環境問題とリンクして、今改めて聞くとリアルに感じる。 森園勝敏のヴォーカルは味があって、本当に癒される。 

 

こちらもおススメ

四人囃子「NEO-N」 iTunesで試聴

 

四人囃子「包」を iTunes で試聴

 

 

 

3)  四人囃子 / ゴールデン・ピクニックス (1976)

ゴールデン・ピクニックス

YONIN BAYASHI -- Golden Picnics 1976 - YouTube 

四人囃子「ゴールデン・ピクニックス」をiTunesで試聴しよう!

一触即発のプログレ然とした音から、洗練されたポップなプログレサウンドへ。この変化は、このアルバムから加入したベーシスト佐久間正英がもたらしたものかもしれない。彼はその後、テクノ後に、ボウイ、アップビート、GLAY、JUDY AND MARY(YUKIとバンドを組んでいたこともある)、L'Arc〜en〜Cielなどをプロデュースし、彼らを成功へと導いた。

 

 

 

4)  Ain Soph / 妖精の森 (1980)

妖精の森

Ain Soph - Variations On A Theme By Brian Smith - YouTube

イギリスのジャズロックに影響を受けたギタリスト山本要三によるキャメルやカンタベリーのバンドを想起させるサウンド。 このアルバムは、メジャーデビュー作。完成度の高いジャズロックの名演奏が聴ける。  

妖精の森(紙ジャケット仕様)

妖精の森(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

5)  DADA / DADA (1981)

DADA

DADA - Flying Ship part 3 (1981) - YouTube

現在ではコナミのゲームミュージッククリエイターとして有名なギタリスト泉睦彦がのちにP-Modelに加入する小西健司(シンセサイザー)と70年代に結成した2人組のユニット。シンセサイザーのシーケンスと分厚い音に、深みのあるギターが浮遊する。メロディーが美しく、叙情的なサウンド。 

DADA(ダダ)

DADA(ダダ)

 

 

 

 

 

6)  ケネディ! / ケネディ! (1987)

ケネディ!

Kennedy - Flying Ship Part 1 - YouTube

DADA を解散後、泉睦彦が結成したバンド。シンセによる分厚いシーケンスに、泉睦彦のギターが縦横無尽に絡む。映画音楽のような躍動感溢れるダイナミックなサウンド。疾走感溢れるパワフルな安田隆のドラムスは聞き物。映像は、ラストライブ。 

 

 

 

 

7)  NOVELA / 魅惑劇 (1980)

魅惑劇

NOVELA 魅惑劇 1983 - YouTube

ハードロックっぽいシンフォ・サウンド。ドラマチックな展開と五十嵐久勝のハイトーン・ヴォーカルが特徴。現在のヴィジュアル系ロックバンドの原点だと思う。  

魅惑劇

魅惑劇

 

 

 

 

 

8)  マンドレイク / unreleased materials vol.1

マンドレイク

Mandrake - Kazarimado no Dekigoto - YouTube

ニューウェイブ・バンド P-Modelの前身となったバンド。友人に京都でのライブを録音したテープを聴かせてもらったが、バンドの情報について全く知らず、すでにP-Modelのレコードを購入していたにもかかわらず、マンドレイク=P-Model だったということを知ったのは、それから10年以上経ってからだ。クリムゾンタイプと言われることが多いようだけど、ヘヴィーなイタリアン・ロックが好きな人にオススメ。

アンリリースト・マテリアルズ VOL.1

アンリリースト・マテリアルズ VOL.1

 

 

 

 

 

広告

 

9) 新月 / 新月 (1979)

新月

SHINGETSU -- Shingetsu -- 1979 - YouTube

1曲目の「鬼」は高い演奏力で、日本語と日本的メロディーをうまくシンフォロックと融合させた名盤だ。プログレ好きの友人に勧めると、ただのジェネシスのコピーバンドだと言われたが、そうではないことは、その後の高評価で証明された。現在でも根強い人気があり、今年は再現ライブがあるらしい。 

新月

新月

 
完全再現新月コンサート1979

完全再現新月コンサート1979

 

 

 

 

 

 

10)  ムーンダンサー / ムーンダンサー  (1979)

ムーンダンサー

MOONDANCER - YouTube

フォーカスタイプの叙情的プログレ。ハモンドオルガンの厚見玲衣のヴィジュアル系っぽい衣装が印象的だった。映像は多分「夜のヒットスタジオ」出演時だと思うけど、プログレ然としたヴィンテージ・キーボード群が凄い。しかし、厚見玲衣以外のメンバーがほとんど映してもらえずかわいそう。 

 

 

 

11)  美狂乱 / パララックス (1983)

パララックス

https://www.youtube.com/watch?v=9RUFcFzPfb0

初めて聴いたのは、友人所有の70年代のライブ録音テープ。マンドレイクと同時に聴かせてもらったのだけど、僕はこちらに食いついた。ロバート・フリップタイプのギタリストを中心としたクリムゾンタイプの演奏スタイル。やはりこのバンドは、ライブが凄い。ライブのようなテンションは感じられないが、このセカンドアルバムはおススメ。 

PARALLAX

PARALLAX

 

 

 

 

12)  ページェント / 螺鈿幻想 (1986)

 螺鈿幻想

Pageant - Echo - YouTube

パワフルな女性ヴォーカルに後期ジェネシスを彷彿とさせるやや派手目のシンフォサウンド。ミスター・シリウスこと、宮武和広のフルートが彩りを添える。当時はハードロックファンにも人気のあった大阪のバンド。これはファーストアルバム。大阪のバンドらしく、ライブはMCも含めとても楽しかった。 

螺鈿幻想(紙ジャケット仕様)

螺鈿幻想(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

 

 13)アウター・リミッツ / ミスティ・ムーン (1985)

ミスティ・ムーン

Outer Limits - Misty Moon (1985) [Full Album] - YouTube

エジソンという西新宿のプログレ専門店が立ち上げたプログレ専門レーベル「メイド・イン・ジャパン」で一押しされていたバンド。 ヴァイオリン、ベース、ドラム、キーボードという変則編成で、UKタイプのプログレを演奏していた。(のちにギターも加わる) これは、インディーズで発売されたファーストアルバム。とても完成度の高いアルバムだと思う。インディーズとしては、飛び抜けたセールスを記録したらしい。キーボードの塚本周成はGACKTのバンドで活動。 

 

 

 

14)  夢幻 / シンフォニア・デラ・ルナ (1986)

シンフォニア・デラ・ルナ

MUGEN - Sinfonia Della Luna - YouTube

インディーズ時代のファーストアルバム。 ドラムレスのシンフォアルバム。中性的なヴォーカルと日本のバンドとしては当時珍しかったフレンチ的シンフォサウンド。

 

 

 

15)ネガスフィア / キャッスル・イン・ジ・エア (1984)

キャッスル・イン・ジ・エア

Negasphere – Castle In The Air 1984 - YouTube

インディーズ・ファースト・アルバム。漫画家、千のナイフによるアルバムカバー。緻密にアレンジされた楽曲が、テクニシャン揃いのメンバーによるビシッと決まったアンサンブルで演奏されている。残念なのはヴォーカルが弱いことと、録音が悪くこもっていること。最近リマスターCDが発売されたが、元々の録音が悪いためか、さほどの改善はされていない。名盤だけに、とても惜しい。

砂上の楼閣 CASTLE IN THE AIR

砂上の楼閣 CASTLE IN THE AIR

 

 

 

 

 

 

16)  ネガスフィア / ディスアドバンテージ (1985)

ディスアドバンテージ

Negasphere – Disadvantage 1985 - YouTube

セカンドアルバム。ディスク・ユニオンのジャズレーベル DIWからのリリース。このアルバムはジャズ専門のレコード店で購入した。 前作の弱点だったヴォーカルパートを補強すべく、新たにヴォーカリストを迎えている。前作と同様に緻密なアンサンブルで、レベルの高いプログレサウンドを展開。声量のある新ヴォーカリストも良い。 

ディスアドヴァンテージ DISADVANTAGE

ディスアドヴァンテージ DISADVANTAGE

 

 

 

 

 

17)ヴァーミリオン・サンズ / ウォーター・ブルー (1989)

ウォーター・ブルー

Vermilion Sands - In Your Mind - YouTube

日本のプログレバンドの中では数少ない英国フォークやトラッド的なスタイルのバンド。他にもオーガストというバンドもあった。ライブでは、ルネッサンスの曲のカバーなども演っていたようだ。とても透明感のある声質の女性ヴォーカルとテクニカルとは言えないがバンドとしてまとまったサウンド。  

Water Blue by VERMILION SANDS

Water Blue by VERMILION SANDS

 

 

 

 

 

 

18)  Kenso / スパルタ (1989)

スパルタ

Kenso - Good Days, Bad Days - YouTube

歯科医でもある清水義央率いる日本を代表するストイック系プログレバンド。 楽曲の完成度、演奏力、アレンジどれを取っても高いレベルだ。ファーストアルバムから聴いているが、このアルバムは初めてのドラマー・チェンジで、よりスケールの大きなダイナミックなサウンドに変化した。「美深」は永遠の名曲。 

スパルタ

スパルタ

 

 

 

 

 

19)   ヴィエナ/ステップ・イントゥ・ヴィエナ (1988)

f:id:rico_note:20170611205249j:plain

Vienna – Step Into... 1.988 - YouTube

ヴィジュアル系バンドにありがちなハイトーンヴォーカル。演奏力の高いメンバーが集まっているだけに完成度が高い。サウンド的にはUKタイプ。 

ステップ・イントゥ・ヴィエナ(紙ジャケット仕様)

ステップ・イントゥ・ヴィエナ(紙ジャケット仕様)

 

 

 

 

 

 

20)  桜庭統 / 戯曲音創 (1991)

戯曲音創

Motoi Sakuraba - 1. Humpty Dumpty - YouTube

ゲーム・ミュージック界では有名な桜庭統が学生時代に結成したキーボードトリオ「DEJA-VU」解散後、初のソロアルバム。 イタリアの70年代のバンドを彷彿とさせるオルガントリオの曲や上原ひろみトリオのようなアコースティックピアノトリオによるテクニカルな曲など、作曲力とアレンジ力を感じさせるインスト・プログレの名盤。

戯曲音創(ギキョクオンソウ) (直輸入盤・帯・ライナー付き)

戯曲音創(ギキョクオンソウ) (直輸入盤・帯・ライナー付き)

 

 

 

いかがでしたか?

最後まで、お付き合いくださりありがとうございました。