ココッチィ

心地いい部屋でここちいい音楽を | プログレ狂のオーディオ野郎とインテリア好きな平凡な私のブログ

1番好きな果物を発表したら笑われた

このブログのURLをコピーする

広告

f:id:rico_note:20170831021003j:plain

果物って色々ありますけど、皆さんは何が好きですか?マンゴーとかメロンとか、人気ありそうですよね。ピーチなんて響きだけで可愛い!

 

初めましての方も、また来てくださった方も、こんにちは!

いつも読んでくださって、ありがとうございます。

 

たいした話じゃないんですけどね。

くだらないっちゃ、くだらないんですけど。

 

果物の中で、1番好きなものは何?って話になってですね。

イチゴですかね~と後輩女子。

桃かなぁ~と同僚。

メロンよねぇ~と先輩。

そして、私は・・・

 

 

「柿!!」

 

え?

あれ?なんで、なんで?

みんな目を丸くしちゃったよ。

あ、ぷぷって笑った。

 

柿、美味しいよね?

好きな果物ナンバーワン!は柿ですっつったら苦笑されるの、なんで?

ちょっと、これどういうこと?

 

「えーー柿ですかあ?柿はないですよ」

「あー、柿ね、うちの婆ちゃんが好きですよ、お年寄りの食べ物ですよね」って。

こらこら、それ誰が決めたの?

 

「え?今、柿って言ったの?マジで?柿が1番好きなの?果物の世界はもっと広いのに!」って。

ええ、知ってますよ、果物の世界。

何年、生きてると思ってんですか!

けどね、猿とカニが命をかけて奪い合った、あの柿です。

猿もカニも大好きな柿ですよ。

 

「柿ってさ、ケーキにもジュースにもならないよね、結果、役立たず」って。

なんてこと言うのさ。

確かに柿ジュースは見たことないよ。

でもね、私、一度だけ有楽町のカフェで柿のタルトを食べたことあるもん。

見つけた時は、思わず声がでたよね。

「柿のタルトがあるっ!」つって。万歳しちゃったよ。

メニューに写真がなかったから、ワクワク感もひとしお。

 

でもね、スイーツとしては扱いにくいヤツなのかねぇ。

タルト地に剥いた柿が乗っかってた。ただ、それだけだった。

ゼリーで包まれてるとか、こんがり焼いてあるとか。

極上カスタードクリームの上に乗ってるとか。

そんなんじゃなかった。

タルト生地に、剥いただけの生々しい柿がポンポン乗ってた・・・

これ、タルト生地を買ってきて、柿を剥いて乗せたらさ。

全く、同じものが作れるんじゃね?

  

あ、そうだ!柿は柿でも、渋柿ね。

見事に並んで干された姿を見ると、なんともいえない愛おしい気持ちでいっぱいになるわけよ。

田舎にいくと、干されてるでしょ。

f:id:rico_note:20170831111747j:plain

カキノキ - Wikipedia

太陽の恵みっていうんですかねぇ。

紐でね、それぞれがしっかり繋がってる。

手に手をとって、ハンド・イン・ハンド。

ああ、秋の芸術だよね。

ニッポンの秋は渋柿なしでは語れんのじゃよ。

 

なんて話してたら。

「そもそも柿なんてさ、日本語しか聞かないよね」って。

イチゴはストロベリーでしょ。

桃はピーチね、メロンやパイナップルはまんまだし。

で、柿は英語でなんて言うんですか?って。

知らねーよ!

いちいち、とどめを刺してくるよね。

そしたら、猫もしゃくしもググるわけで。

 

「えっと~、なんて読むのか、わかんないです、これ、山倉さん知ってます?」

persimmon

だから、知らないっつーの。

 

パーシモン?

か、可愛さが1ミリもない。

パーの指紋。

なんか残念すぎる。

林家さんちの果物かよ。

 

「あ!柿って和歌山が日本での生産1位らしいですよ!なんなら和歌山に住んじゃえば?」

と、先輩。

住めば無条件で食べれるシステムなのか?和歌山県。

 

みんなで色々茶化してっけどさ。

あのね、柿ってすごーくカラダにいいんだからね!

柿が赤くなると医者が青くなるって、昔っからいうでしょ!

万能薬なんだからね!つったら。

 

「やっぱ、お婆ちゃんだ」

全員が口を揃えた。

 

 

その次の日に上司が

「田舎に柿の木があって、沢山送ってきたんだけど、ウチね、誰も食べないのよ~、誰か好きな人、いるぅ?」

つって。

柿が山盛りに入った紙袋を、高く持ち上げながら大声でアナウンスしたわけ。

こんな時は必ず、空港のお土産の紙ぶくろだったりするよね。

 

そしたら

薄ら笑いを浮かべて、みんなが一斉に私を見るっていう。

 

イエス!アイラブパーシモン!

とか、言わないよ。

天邪鬼だからさ。

しょーがねぇなあ、もらってやってもいいけど~とか言って、立ち上がったら。

そこへ掃除のオバチャンが入ってきて

「朝、頼まれてたゴミ袋、持ってきたから・・・」と。

上司が持ってる紙袋を見て。

「あら!柿がいっぱい!」つって。

「うちのお婆ちゃんが大好きなのよー」とか言うもんだから。

まんまと、掃除のオバチャンに献上されましたとさ。

ちっ。

おしまい。

  1番最初の記事から読んでみませんか?

広告