ココッチィ

心地いい部屋でここちいい音楽を | プログレ狂のオーディオ野郎とインテリア好きな平凡な私のブログ

【スナックのバイト】人気店のママが教えてくれた男性の扱い方

このブログのURLをコピーする

広告

男らしさ

女性の皆さん、ナイトワークをしたことがありますか?私は1年だけ経験があるんです。

 

初めましての方も、また来てくださった方も、こんにちは!

読者登録してくださっている皆様、ありがとうございます。

美奈子さんのこの記事を読んで、

www.utsu-joso.com

バイト先のママが教えてくれた事を思い出したんです。

 

私がやっていたナイトワークは「スナック」でのバイトです。

ナイトワークといっても、色々ありますね。

スナックという場所はママの考えにもよりますが、和気あいあいした雰囲気でバイトしやすい印象です。

 

きっかけは、友達の代理でした。

友達の詩織ちゃん(仮名)は、昼間は事務職、夜はスナックでバイトをするという、タフな女性。

実は結婚もしていて、スナックのバイトは旦那様公認でした。

詩織ちゃんは酒豪でね。

お酒と名のつくものなら、なんでもかんでも大好きです。

バイト代も貰えて、お酒も飲めるなんて、こんないいことないよね~と楽しそうでした。

 

これだけ聞くと、だらしない女性に感じるでしょ?

とんでもない!

彼女は家の事も仕事も、なんでも完璧にこなす人です。

バイトに行く前に、夕食の用意と次の日のお弁当の仕込みまでやってしまいます。

バイトが何時に終わっても、朝は6時に起きて、まずは洗濯をして掃除機をかけ。

それから、朝食の用意とお弁当を作ります。

旦那様を起こしてから、出勤の準備。

旦那様を送り出し、後片付けを済ませて詩織ちゃんも仕事に行くんです。

 

詩織ちゃんの旦那様が、スナックでのバイトを公認している理由は。

旦那様も、時々そのお店に来てお酒を飲んだり、歌ったり。

一緒に騒ぐのだそうです。

そのお店がどんな様子なのか、知ってるから心配していないって事でしょうね。

そんな、ゆるい旦那様を持つ詩織ちゃんなのですが、スナックのバイトが少しの間だけできなくなりまして。

彼女の家族が急きょ入院されたんです。

なので、仕事の帰りに必ず病院に行き、お世話をすることになったそうで。

病院は職場からも自宅からも、かなり離れていました。

 

詩織ちゃんはお店で超人気者。

ずば抜けて美人とか、めちゃくちゃ可愛いとか、そういうんじゃないんです。

お酒が入った彼女は、子猫みたいになっちゃうんです。

わかります?

豊満な身体つきと、長い巻き毛。

全身からフェロモン放出です。

そんな彼女が子猫な性格になっちゃうんですから。

無料写真素材

無料写真素材AC

そりゃ、人気者にもなりますわ。

 

彼女がしばらく来れないと言うので。

店のママは困り果てました。

「誰か紹介してくれない?」そう言われたんだそうです。

こういう業界は、求人を出して採用してもドタキャン音信不通はよくあること。

だから、ちゃんと来てくれる人を紹介してほしいと懇願されたそうで。

 

お願い!私の代わりに少しだけバイトして!

断る。仕事に差し支える。

そんなこと、言わないで!ね!お願い! 

7時から12時まででいいから!

無理。

ニコニコしてるだけでいいから!

無理無理。アルコールの大量摂取は危険ですから。

飲まなくていいから!ママにそう話すから!

ほんとに困ってるのよ、お願い! 

・・・

カウンターから、絶対、出なくていいから!

ね!ニコニコしてカウンターに立ってるだけでいいから! 

・・・

1か月だけでいいから!私を助けると思って! 

じゃ、ほんっとに1か月だけだよ。 

 

 

そしてママのところへ連れていかれ紹介され。

私のナイトワークは始まりました。

どう考えたって、私じゃ使えないんですよ。

無類のお酒好き!ってわけでもないし。

媚びを売るのが、めんどくせぇ。

ニコニコっつーより、あはは、あはははと乾いた笑い。

タバコの火をつける、たまった灰皿を片付ける、タバコの火をつける、たまった灰皿を片付ける、タバコの火を・・・

ロボットか! 

 

日本酒ください、と言われ。

お湯割りにします、それともロック?と返事をしたり。

チンプンカンプンなんだよ。

そんでもって、お客さんの話には何かと突っ込みを入れたくなる。

そっちか!とか、おいおい違うだろ!とか。

もうね、ぱっさぱさで、ガッサガサなの。

フェロモンとか、これっぽっちも出やしない。

ボディが砂漠だよ。

 

みんながほろ酔い加減、ほわほわ夢心地で気分上々ななか。

ただひとり、一滴も酒が入ってない。

ウーロン茶しか飲んでない。

純真無垢なシラフ。

 

あーもう。

サザンそっくりに歌うのやめれー

おっさんの自慢話なんて、きいてられっかよー

つまんねーんだよー、オチがねーんだよー

 

早々に首かもですよ、これ。

さすがに3回目の帰りに、ママに呼び止められ。

 

どうしてお客さんがここに来てるか、わかる?

お、お酒を飲みに・・・

もちろん、そうだけどね、もっと大切な事があるのよ。 

わかんないです・・・

お酒を飲むだけなら、家に帰ってもできるでしょ? 

まあ、そうですね・・・じゃあ、他の女性と話しがしたいとか?

認めてくれる人と話がしたくて来てるのよ。 

認めてくれるって、お客さんの事を、ですか?

そう、自分を認めてもらいたくて来るの。

どうやったら、認めたことになるんですか?

頷きながら、相づちをうちながら、へぇ、すごい!とか、ほんとですか!とか返事をするのも、いいけどね。

この店で、大切にしてほしいのはね。

男らしさを引き出してあげて、男らしさを褒めてほしいの。

多少おおげさにね。

男らしさ?

そう、男の人はね、男らしいって言われることがすごく嬉しいのよ。覚えててね。

 

どうしてママが「男らしさ」にこだわったのか。

そして、なぜ、そこを大げさに褒めろと言ったのか。 

その理由が美奈子さんの記事でわかりました。

「男らしさ」というものは、失われやすいもだという考え方があるらしい。

例えば、結婚前は「カッコイイしお金持ち!」と女性にモテモテだったとする。

しかし、そういう「男らしさ」は、結婚後はもはや評価されず、「お皿くらい洗ってよ!」と言われるようになる。

「男らしさ」は永続的ではない。

となると、男性はさらに「男らしさ」を追い求めることになるが、「男らしさ」を他人に認めさせるのは容易ではない。

やがて男性は「男らしさ」が証明できないことに不安になり、ストレスをためる。 

※ 美奈子さん勝手に引用してしまいました。すみません。

ママがいってる「男らしさ」って、家族を守る!そんな頼れる男らしさ。

男気 (おとこぎ) みたいなモノですかね。

支配的とか独裁的とか、そういうDVを伴う意味ではないと思うので、美奈子さんの記事の趣旨とは違うかもしれません。

男としての生き方を認めてほしい欲求とでもいいますか。

そこをちゃんと褒めろと言いたかったんだと思います。

 

だから既婚者女性の皆さん!もちろん私も含めて。

「お皿くらい洗ってよ!」と、ついつい言ってしまう事があってもね。

言った分だけ、いやそれ以上に「男らしさ」を認める態度。

「男らしさ」に触れる言葉を発することが大切なんだと思うんです。

男ってそういう生き物だと理解しているのと、していないのでは夫婦関係や家族の関係が違ってきますよね。

 

え?女らしさを捨てた私がいうなって?

あ!確かに、最近おっぱいの中心近くに毛が生えてたわ!

これ、ユニセックスの証?

 

  1番最初の記事から読んでみませんか?

 

広告