ココッチィ

心地いい部屋でここちいい音楽を | プログレ狂のオーディオ野郎とインテリア好きな平凡な私のブログ

バレンタインは愛のイベント!でも本命に大嘘つきました!

このブログのURLをコピーする

広告

バレンタインデー

バレンタインデーも終わりましたね。愛のイベントです!不二家が始めたと言われてますよね。もちろん、私も配りましたよ。

 

初めましての方も、また来てくださった方も、こんにちは!

今月、初の投稿でございまーす。

ご無沙汰でーす。

 

今更ですけどね、バレンタインの話を聞いてください。

 

まあね、

業務委託とはいえ、職場には男子が何人もいるわけで。

他の女子がチョコを配ってるのに、配らないってのもね。

ケチなオバハンになっちまう、と思ったので。

低予算で数をこなすには、手作りでしょ!

 

明治の板チョコを数枚、レンチンチンチンで生クリームやらナッツ類やら。

なんやらかんやら。

ぐるんぐるんとかき混ぜて。

あーしてこーして丸めて冷やして。

最後に可愛くラッピング!

これでインスタ映えするバレンタインチョコが出来上がり!

ってインスタやってないけどね。

 

職場用チョコはこれでよし!

相方用はGODIVAで買おう!とお店に行ったら、

 

うわっ!

めっちゃ、人が多い!

女子が溢れてる。

並んでるー

 

この事態を重くみた私は

GODIVAで買うプロジェクトは早々に終わりにして

 

 

そうだ!

地下に降りて野菜を買って帰ろう。

そうだ、そうしよう!

 

たまには、珍しい野菜でも買ってみよう。

と、チョコとかもうどーでもよくなってエスカレーターでデパ地下に。

 

キャベツやら大根やらタマネギやら。

気付けばクソ重いやつばかり買ってしまい。

ちっとも珍しくない。

普通にどこでも売ってるやん。

 

その中でもね

大根なんて、みずみずしい葉っぱがわさわさ生えてるやつ。

長くて太くて、いやーん。

立派なのー。

 

大根本体も美味しいけど、大根の葉っぱって、美味いじゃないですかー。

 

そんな長くて太い男らしい大根君は、マイエコバッグには、収まりきれず。

 

当然、みずみずしく生えたワサワサ毛と草食系を思わす色白なお顔が。

・・・はみ出すよね。

 

この、大根君の顔がエコバックから出た感じがね。

なんつーか、なんとも可愛い。

大根のちょっと凹んだところが目とか鼻とかに見えてさ。

 

ペットを抱っこして買い物してるマダム気分。

いや、ただの大根だけどね。

 

じゃ、大根君、おうちに帰りますか。

 

大根君とエスカレーターで地上に上がると。

バレンタインデーのために用意された特設会場が目の前に!

相変わらず続いている女子のバレンタイン闘争

熱気がスゴイ。

人だかりって、集客力あるよね。

何が起こっているのか、確かめないと損した気分になっちゃう。

 

もうチョコなんてどーでもいいって思ってたのに。

相方には、手作りチョコの破片をあげようと思ったのに。

んー、やっぱ、相方には特別なチョコをあげるべき?

と、人だかり見たさに都合のいい理由を思い浮かべ。

そうだよね!

ステロイドに負けず、毎日頑張ってるもんね。

ベルギーだかの超一流、心も身体もとろけるーん、なやつ。

プレゼントしてあげなきゃ!

と、バレンタイン乙女が降臨。

 

 

いや、待て。

ちょっと待て。

エコバックから顔を出している大根君。

彼と共にあの溢れかえった女子の中に突撃するのか・・・

と迷ったのはほんの一瞬。

せっかくだから、参戦しよーっと。

 

いざ!

女の戦いじゃー。

おーー!

 

 

 

いや、これやっぱ無理です。

女子が何層にもなってます。

ティラミスのような甘くて優しい層じゃありません。

壁ですよ、壁。

女子がスクラム組んでます。

もう、どんなチョコなのか手に取ることもままならない!

買える気がしないんだけどー。

 

おや?

 

女子の頭と頭の間から、ちょっと高い位置に商品サンプルが見えた。

「ZOO」と書いてあってね。

中には「シロクマ」が入ってた。

まあ、けっこうリアルなシロクマだったけども。

今の私には、もう選択肢がないわけよ。

この女子達の壁を突破していくほど、元気がない。

だってさー。

キャベツもタマネギも重いの!!

もう、いいよね。

シロクマで。

相方になんでシロクマなの?と訊かれたら。

相方がシロクマに似てると思うから~

可愛いでしょ~

と、答えよう。

 

女子と女子の隙間から積み上げられた「ZOO」の箱に手を伸ばし。

混雑の中、お会計を済ませ。

そこでやっと、大根君のことを思い出した。

 

大根君のふさふさな髪、いや、ふさふさの葉っぱがスカスカになっていて。

突撃中にダメージを受けた模様。

近視で裸眼の目をぐっと凝らして、売り場をみると・・・

大根の葉が床にパラパラと・・・落ちている。

田舎から出てきた母ちゃんか!

 

と、いうわけで

 

 

 

 

 

さて、時はバレンタインデー。

やってきましたよ。

13日の夜、零時を告げる鐘の音。

なんてものは聞こえないけどね。

零時になって14日になったばかりの時に

 

「これ、バレンタインのチョコ!」

ちゃんと用意してますよってドヤ顔でね。

相方に渡したわけですよ。

そう、シロクマのチョコをね。

 

もう、セリフも用意してあるよ。

「シロクマって~可愛いでしょ~似てるよね~」

デレデレ。

 

さ、開けて!開けて!

バリバリバリと包装紙を破り。

ハートだらけのラッピングに愛が溢れ。

現れました「ZOO」と書いた青い箱!

 

なに、これ?

動物園?

と、相方もワクワク感が隠せない!

 

(いよいよ、箱を開けるぞ、セリフの用意オッケー)

と、心の中で呟いて

 

相方が箱の蓋を開けた!

 

 

 

 

 

 

 

 

パカッ!

f:id:rico_note:20180216172121j:plain

 

( え?

なんで?

カメ?)

 

 

 

あ・・・

ありがとう、梨子ちゃん!

どうして亀にしたの?

 

あ、ほら、ゆっくりね、ゆっくり治療していこうぜ~ってこと・・・

 

あの箱の山積み、全部シロクマじゃなかったんですね。。。

 

  1番最初の記事から読んでみませんか?

 

広告